Cellist〜Daisuke Katano〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 発表会講評

<<   作成日時 : 2016/07/05 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

発表会講評

第15回の発表会。おかげさまで無事に終了できることが出来ました。
今回は林先生の記念演奏会とのセット公演ということで、普段ではありえない様々なご苦労、ご負担をお願いしました。まずは皆様のご理解、ご協力に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
打上げの席で林先生から、まずはしっかりとしたフォルテを出すことが課題である、とのお言葉をいただきました。私自身もこの言葉をしっかりと耳に刻み次回以降の指導に生かして生きたいと思います。
次は10月23日のアンサンブル発表会です。多くの皆様のご参加を楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします。お疲れ様でした!!
以下個人の講評です。

追記:発表会&演奏会の残務処理で掲載が遅くなりました。申し訳ありません。先日の林峰男チェロリサイタルのDVD(発表会の映像付)を実費(3000円)にてお分けします。編集作業後の9月頃の完成を予定しております。



メヌエット/エクソード
しっかりとした音が出せていました。音程や細かい音もしっかり練習できましたね。弓の持ち方や、右手の使い方を工夫して練習していきましょう。


きらきら星/フランス民謡
デビューおめでとうございます!日々の練習の成果からぐっと技術も向上しましたね。まだまだ上達しそうです。練習曲を含めた色々な曲へ挑戦していきましょう。


メヌエット/バッハ
きれいな音で演奏できていました。拡大や音程もきれいにできましたね。姿勢を研究が必要です。無理なく楽に演奏できるようにしていきましょう。


リゴードン/パーセル
はつらつとした元気ある演奏でした。リズムや音程も正確に取れていました。
右手の使い方や、力の加減から音の大きさの強弱を工夫していきましょう。


メヌエット/ハイドン
難曲への挑戦よく頑張りました。完成度もまずまずでしたよ。チェロとしっかり向き合い、練習曲や音階をしっかり取り組み、完成度を上げていきましょう。


メヌエット/シュレミュラー
コントラストがしっかり表現できていました。細かい技術の向上も見事です。
ポジョション移動が、無理なく出来るよう頑張って行きましょう。


メヌエット/ベートーヴェン
デビューおめでとうございます。ポジション移動など、曲の課題がしっかりとクリアされていました。まだまだ上達が期待できます。今後の展開を楽しみにしています。


プレリュード/バッハ
無伴奏の難しさを克服する一歩になったと感じました。多忙の中のご努力に感服いたします。更なる進歩を目指し練習曲をしっかりクリアしていきましょう。


アリオーソ/バッハ
音程や表現の難しい曲。よく練習できていたと思います。完成度もなかなか高かったです。多方面からの練習を通してスキルアップをはかっていきましょう。


アリオーソ/ヘンデル
しっかりした音色がホールによく響いていました。音程も正確でした。日頃の努力の賜物かと。練習曲等、様々なレパートリーを増やすことが次の課題ですね。


嘆きの詩/デルベロア
美しい旋律がきれいに表現できていました。音程の精度も格段に上がりましたね。左手の鍛錬が課題です。練習曲を積極的に消化していきましょう。


ソナタ第1番1楽章/ブレバール
スケールの大きい見事な演奏でした。細かいパッセージもよく表現できていました。無理のない奏法を見つけることが課題です。基礎練習にヒントがあるかと。


ソナタ第1番1楽章/マルチェロ
装飾音、ロングトーンと事前の課題がかなり上手く表現できていました。音色も素敵になりました。早い左手の動きにも挑戦していきましょう。


無言歌/メンデルスゾーン
チェロの名曲をきれいに演奏できていました。やわらかい音色の完成度も中々高かかったかと。一曲(一局?)集中ではなくフレキシブルな対応が課題ですね。


6つの小品より第1曲/ドボルザーク
品のある好演奏でした。テンポ感も良くなりましたね。フォルテとピアノのコントラストが課題です。音階の練習を通し芯のある音色を目指しましょう。


ノクターン/ゴルダーマン
完成度の高い演奏でした。中間部の重音を次回は挑戦したいですね。音程、リズム、音色の表現とも普段の基礎練習からの成果がよく現れていました。


ソナタ6番1・2楽章/ビバルディ
美しい旋律と速いパッセージ。大変上手く表現できていました。小指への負担軽減と音量のコントラストが課題です。体に無理をさせない練習計画を。


プレリュード・アルマンド/コレルリ
難曲への挑戦、まずまずの好演奏でした。姿勢の改善をお勧めします。脱力や無駄な力を省き、楽にそして響きのある音色と奏法を目指しましょう。


ガボット/リー
テクニックの要求される楽曲。日々の成果がよく現れていました。きれいなフォルテが課題です。まず楽器を鳴らすこと。基礎練習の中にヒントがあります。


ノクターン/ゴルダーマン
音楽の進むべき経路がよく研究されており楽しく自然に音楽を楽しめました。音程、リズムもまずまずでした。ポジション移動を含む左手の制御が課題です。


ノクターン/アザラシビリ
音程、リズム、表現とも完成度の高い演奏でした。右手の奏法の研究が課題です。しっかりとした芯のあるフォルテを出すことが次なる課題です。


タランテラ/スクワイア
難易度の高い曲への挑戦見事でした。速いパッセージも上手く表現できました。フォルテへのこだわりを追求しましょう。音階からの展開が近道です。


ソナタ1番第3・4楽章/ビバルディ
第3楽章の重音、第4楽章の速い動きとも及第点であると感じました。力任せの音量から、脱力し楽器を響かせる音色へのシフトが次の課題です。


スケルツォ/ゲンス
大変な技巧曲。細かい部分も上手くまとまっていました。様々な音楽のコントラストがあると更に良かったかと。音色も含めた右手のコントロールが課題です。


協奏曲より第3楽章/クレンゲル
大曲への挑戦、完成度も高かったと思います。低い音域でのパッセージの処理。最小限の力での発音を研究していきましょう。身体に負担のない練習を期待します。


奇想曲/ピアッティ
なかなか無い練習曲での挑戦、やはり課題も多かったですね。完成度はそれなりでしたが、コントラストや見せる(魅せる?)技術も取り込んでいきましょう。


アレグロアパッショナート/サンサーンス
大学での生活ぶりが想像できる、好演奏でした。チェリストらしくなってきましたね。どんなに忙しくてもまずは丁寧な基礎錬習。これが上達への近道ですよ。



iPhoneから送信

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発表会講評 Cellist〜Daisuke Katano〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる